部落問題研究所
  刊行物

声明  日本学術会議新規会員の任命拒否について

部落問題研究者全国集会
全体会:2020年10月24日(土)・分科会:
25日(日)
一部オンラインにて開催します(参加費無料)

       →参加お申し込みフォーム

 
第58回研究者集会へのアンケート用フォーム(事前の質問・希望等もお寄せ下さい)
<
インターネットに「部落差別」はあふれているの

部落問題の解決に逆行する

 
あゆみ・業績
資料室
行事・諸集会
刊行物 (書籍購入)
情報公開
アクセス
コ ラ ム
ひと休み

ご質問・ご要望などこちらから
新 刊 情 報
部落問題とは何だったのか 東上高志の仕事(1)部落問題とは何だったのか
― 東上高志の仕事 ―(1)
第一巻 部落問題の実相
東上高志著

部落問題に生きた私。
それは学校教育を越えた学びの連続だった。
その学んだものを残したい。
部落問題は、日本の国民にとって、なんであったのか。を問い続けたい。その素材が、この全三巻だ。

本体5、000円+税  A5判 465頁


続巻刊行予定 第二巻 2020年12月
第三巻 2021年1月

部落問題解決過程の証言
―研究所の70年を中心に―
東上髙志 著

2,000円+税 A5判 260頁
部落問題解決過程の証言

部落問題研究所は1948年10月1日に創立され、2018年10月1日で70周年を迎えた。1953年4月に部落問題研究所に入所した著者は、「生きた差別の現実と闘いに学び、その本質に迫る」という生き方で、部落問題解決過程の真実に迫ってきた。ジャーナリスト・研究者・実践者として、部落問題解決過程を克明に記した著者渾身の書。


学びなおしの部落問題
教育により新たな差別を生むことのないように
大阪教育文化センター「部落問題解決と教育研究会」編

本体1、000円+税  A5判 128頁
近世身分社会の村落構造
― 泉州南王子村を中心に ―
著者 三田智子
定価 (本体10、000円+税)
  A5判400頁

部落問題解決過程の研究
部落問題研究所 編
全五巻 セット価格 A5判 セット価格 44,000円+税(分売可)
第1巻 歴史篇  第2巻 教育編/思想文化篇
第3巻 現状・理論篇/資料篇Ⅰ   第4巻 資料篇Ⅱ
第5巻 年表篇        全 5 巻

ここまできた部落問題の解決
―「部落差別解消推進法」は何が問題か―
部落問題研究所 編 A5判 1,400円+税

2020年9月号

『近世身分社会の捉え方塚田 孝 著 好評につき重版



606-8691 京都市左京区高野西開町34-11 ℡:075-721-6108 Fax:075-701-2723
http://www.burakken.jp  mail:info@burakken.jp