前号へ ←■→ 次号へ

誌名『人権と部落問題』
2022年8
月号 (第74巻8号)  通巻962

▼巻頭言 こども基本法とこども家庭庁 ______________________井手 幸喜

=== 特集 ロシアのウクライナ侵攻 -国際社会への挑戦- ===
▼ロシアのウクライナ侵略と日本の近代史_____________________山室 信一
▼核兵器の廃絶と憲法9条の世界化を求めて
   ―人類と核は共存できない―  _______________________大久保 賢一
   私のひと言 これからも被爆の実相を全世界に________________横山 照子
▼この国が岐路に立ついま、改めて噛みしめたい「人権としての平和」________奥野 恒久
   私のひと言 「戦争を望む人」などいない「改憲」許さない運動をこれからも__保田 みちる
▼ウクライナの戦争とチェルノブイリ原発事故___________________守田 敏也
   私のひと言 幸せだった家族を取り戻すまで諦めません____________野田 まさみ

▼世界のくらしと文化 中国雲南省のペー族村①
   宴席を通してペー族の世界に入る______________________李 南瑾

▼随想 ふらわ―ちるどれん______________________長野たかし&森川あやこ

▼連載
○八鹿高校事件から半世紀(11)―第二章 生徒がつづる八鹿高校と高校生活
   十一 高校生活の思い出 _________________________三木 美保
○ふくしま文庫だより(5)___________________________森岡 憲子
○南西諸島に吹く風―軍事化に抗う島々(5)___________________薗 博明
○新潟平野(32) 最終回________________なかむらみのる/挿絵 小林 春規

▼現地報告 検証・教育者自死事件―広島からの報告________________重岡 式輿
        人権施策の到達点と新たな課題への取り組み―三重県松阪市―____久松 倫生

▼読後感想 木村京太郎著『復刻 水平社運動の思い出』______________平井 雅希

▼文芸の散歩道 ベートーヴェンは何とたたかったのか
   ―山根銀二『ベートーヴェン研究(合本)』―________________福地 秀雄

前号へ ←■→ 次号へ