部落問題研究所のトップページへ
部落問題研究所の歩みと業績のページへ 行事・諸集会のページへ 部落問題研究所の刊行物のページへ 部落問題研究所の公益法人情報のページへ
ホームページ>資料室

  
 
あゆみ・業績
資料室
行事・諸集会
刊行物 (書籍購入)
情報公開
アクセス
トップへ
総目次バナー

あなたも部落問題研究所会員に
 
 
ご質問・ご要望などこちらから
ひと休み

資料室のページ

公益社団法人部落問題研究所資料室図書・資料管理規則 利用規程はこちらから(PDF)

第1条(目 的)  この規則は、公益社団法人部落問題研究所(以下、「研究所」という)が所蔵し、研究所資料室(以下、「資料室」という)が保管する図書・逐次刊行物(雑誌等)・非刊行物等の資料(以下、「図書・資料」という)の管理に関する基本的事項を定め、図書・資料を適正に運用することを目的とする。
第2条(用語の定義)  この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号の定めるところによる。
  (1)受け入れ 購入・寄付・交換などにより取得した図書・資料をこの規則に基づいて会計上の区分を明確にし、資料室が管理する資産として登録または記録する業務をいう。
  (2)図書・資料資産管理台帳 会計上、固定資産とされる図書・資料を登録する原簿をいう。この台帳は、「経理事務規則」第3条(会計帳簿)2項(補助簿)の④固定資産台帳の一つとする。
 

3)保管 整理した図書・資料を所定の場所に収め、これを管理することをいう。
(4)除  却 図書・資料資産管理台帳に登録された図書・資料の処分及びその記録の削除をいう。

第3条(受け入れ)  図書・資料を受け入れる時は、次の各号の手続きを行う。
  (1)図書は1冊に対し1登録番号・分類記号を与え、図書に登録番号・分類記号を表示する。
  (2)逐次刊行物は、原則として、製本した合冊をもって1冊とし、1登録番号・分類記号を与え、刊行物に登録番号・分類記号を表示する。但し、大型刊行物などの場合はその限りではない。
  (3)非刊行物は整理され、目録が作成された時点において登録する。
  (4)貴重本・貴重資料(三好文庫・水平文庫・北原文庫等)は別途に管理する。
  (5)登録された図書・資料は図書・資料資産管理台帳に記帳する。
第4条(取得価格)  図書・資料の取得価格は次の通りとする。
  (1)購入した図書・資料は、購入代価または購入代価・付随費用の合計額とする。
  (2)寄付・交換により取得した図書・資料は、定価もしくは同種の図書を参考にした見積額、見積りの困難な場合は健忘価格とする。
  (3)逐次刊行物等を合冊製本した場合には、原則として、当該逐次刊行物等の購入代価及び合冊製本に要した経費の合計額とする。
第5条(除 却)  図書・資料管理責任者(資料室担当理事)は、資産として登録されている図書・資料が次の各号の一に該当する場合には、これを除却することができる。
  (1)破損または汚損がはなはだしく、補習不能の場合。
  (2)亡失したと認められる場合。
  (3)天災または火災によって減失した場合。
  (4)保存の必要がないと認められる場合。
  (5)その他、図書・資料管理責任者が除却を適当と認めた場合。
  (6)除却する図書・資料は廃棄、贈与または売却のうちから取り扱い方法を図書・資料管理責任者が決定する。
第6条(資料室会議)  図書・資料の管理・運営を適正かつ円滑に行うため、図書・資料管理責任者が指名する役職員をもって構成する資料室会議を開催し、重要事項を協議する。
第7条(利 用)  「公益社団法人部落問題研究所資料室利用規程」を別に定める。
   
付 則 .この規程の改廃は、理事会の承認を得なければならない。
  .この規則は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律第一〇六条第一項に定める公益法人設立の登記の日から施行する。
   
   
   
   
   
   
   


606-8691 京都市左京区高野西開町34-11 ℡:075-721-6108 Fax:075-701-2723
http://www.burakken.jp  mail:burakken@smile.ocn.jp