部落問題研究所

科研費トップへ戻る
平成26年度科学研究費助成事業 研究実績報告


1.機関番号 74305 2.研究機関名 公益社団法人部落問題研究所

3.研究種目名

基盤研究(B)

4.研究期間

平成24年度~平成28年度

5.課題番号

24320135    
6..研究課題名 「 近代日本における地域社会の変貌と民衆運動に関する総合的研究 」

7.研究代表者
研究者番号
研究代表者名
所属局名
職名
30047237 ヒロカワ タダヒデ その他部局等 研究員
廣川 禎秀(広川禎秀)

8..研究分担者
研究者番号
研究分担者名
所属局名
職名
10072703 スズキ リョウ その他部局等 研究員
鈴木 良
90144683 タケナガ ミツオ その他部局等 研究員
竹永 三男

9. 研究実績の概要

 近代日本における地域社会の構造的変貌と民衆運動の多様な展開を、その相互関係を重視して総合的・実証的にとらえることを目的とする本研究においては、近現代史を中心に近世史研究者などの参加も得て、17名からなる研究組織(連携研究者14名を含む)を構成し、その全体を研究代表者廣川禎秀(広川禎秀)が、研究分担者鈴木良と同竹永三男の補佐も受けつつ統括して、平成2年(2014)年度は以下の通り研究を前進した。(なお、年度途中に研究分担者鈴木良が死去し、研究組織は16名となった。)
 1、A 「基礎的・理論的問題の研究」と、B 「近世・近代・現在を通した具体的・地域的な実証」の二つの主要な分析軸を設定して、Aに関して①都市開発・地域開発、②民衆(下層)社会、③「生存」や「労働」をめぐる諸問題、④部落問題の資料調査・研究・、Bに関して⑤大阪・京都・、⑥泉州、⑦地方都市・農村、以上の七つの課題に即した班を設定し、研究組織に属する研究者がそれぞれの班=課題ごとの共同研究に参加した。そして、各班の研究をもとに、研究組織全体での研究会を2014年6月8日、8月2日、9月21日、10月5日、10月26日、10月27日、2015年2月1日、2月28日の計8回開催した。このうち、第52回部落問題研究者全国集会歴史Ⅰ分科会(10月26日)で連携研究者の藤本清二郎とと森下徹が報告したほか、年度末の2015年3月22日には本研究所の中間総括シンポイジュウムを開催して研究代表者廣川禎秀が報告するなど、研究成果を研究組織外の研究者にも公開した。
 2,前期の研究のなかで研究組織に参加する各人の研究も進められ、その成果の一部は、研究代表者廣川禎秀らが雑誌論文や図書で発表した。
 3,研究前進のため研究協力者として若手研究者らの参加も得て、研究の基礎となる資史料の整理・調査を進め、また関係図書の整理を行った。 


10,本研究を「独立行政法人日本学術振興会」のサイトで検索する際のキーワード
  近現代史 近世史 地域社会 民衆運動 開発 生存 労働 部落問題

11, 現在までの達成度

(区分) (2)おおむね順調に進展している。

(理由)
 二つの主要な分析軸を設定した上で具体的な7つの課題(班)を単位とする共同研究を推進するという基本方針のもと、研究組織参加の各人の研究も進められ、また全体研究も8回、さらに中間総括シンポジウムも開催することができ、研究成果も雑誌論文10本、学会発表3件、図書3冊といった形で発表することができたことによる。


12,今後の研究の推進方策等

(今後の研究の推進方策)

 第三年度(平成26年度)までの成果・到達をふまえて、第四年度(平成27年度)は、各課題(班)の研究を基準に、全体研究会を開催して研究組織全体での共有もはかりつつ、『部落問題研究』誌などを通じた成果の公開・普及にもつとめながら、第五年度(最終年度)の成果とりまとめにむけて、研究を推進していく。

(次年度使用額が生じた理由と使用計画)

 なし


13,研究発表(平成26年度の研究成果・主なもの)
 [雑誌論文] 計10件
著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
廣川禎秀(広川禎秀)、佐々木隆爾
坂井田徹(森下徹)、西尾泰広
佐々木隆爾氏の近現代史研究(1) 部落問題研究
208
2014
2-50

著 者 名

論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
廣川禎秀(広川禎秀)

戦後社会運動史の方法と課題・再考

部落問題研究
208
2014
51-64

著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
廣川禎秀(広川禎秀)、佐々木隆爾
坂井田徹(森下徹)、西尾泰広
佐々木隆爾氏の近現代史研究(2) 部落問題研究
210
2015
2-71

著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
竹永三男 地方総監府・地方総監会議に関する基礎的検討 社会文化論集
11
2015
1-21

著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
梅本哲世 エネルギー問題について考える 人権と部落問題
857
2014
48-54

著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
佐賀 朝 大正~昭和初年の都市大阪における市場社会 歴史科学
217
2014
4-23

著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
塚田 孝 書評 熊谷光子著『機内・近国の旗本知行と在地代官』 市大日本史
17
2014
149-154

著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
塚田 孝 近世大阪の身分的周縁 思想
1084
2014
46-63

著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
町田 哲 近世後期徳島藩における御林の分布と特徴 鳴門教育大学研究紀要
30
2015
341-366

著 者 名
論文表題
雑誌名
発行年
最初と最後の頁
森下 徹 城下町萩の武家奉公人 思想
1084
2014
82-94

[学会発表]  計3件 うち招待講演 計1件
発 表 者 名
発表課題
学会等名
発表年月日
発表場所
竹永三男 人は何で死に、どのように生きていたのか
―日露戦争後の福島県で「行き倒れ」た女性の事例から―
第44回中国四国大学保健管理研究集会(招待講演)
2014年8月29日
くにびきメッセ
(松江市)

発 表 者 名
発表課題
学会等名
発表年月日
発表場所
藤本清二郎 城下町の賑わい・没落と卑賎視 ―物売りと物貰い― 第52回部落問題研究者全国集会 歴史Ⅰ分科会
2014年10月26日
同志社女子大学
(京都市)

発 表 者 名
発表課題
学会等名
発表年月日
発表場所

森下 徹

(都市下層社会)から考える地方城下町 第52回部落問題研究者全国集会 歴史Ⅰ分科会
2014年10月26日
同志社女子大学
(京都市)

[図書]  計3件
著者名
出版社
書名
発行年
総ページ数
廣川禎秀(広川禎秀)、鈴木良、西尾泰広 部落問題研究所 部落問題解決過程の研究第4巻
2015
465

著者名
出版社
書名
発行年
総ページ数

塚田 孝

清文堂 都市社会史の視点と構造(法・社会・文化)
2015
341

著者名
出版社
書名
発行年
総ページ数
森下徹 吉川弘文館 近世都市の労働社会
2014
326

科研費トップへ戻る


606-8691 京都市左京区高野西開町34-11 ℡:075-721-6108 Fax:075-701-2723
http://www.burakken.jp  mail:burakken@smile.ocn.ne.jp