部落問題研究所

刊行物一覧 兼 購入ページへ

新刊案内

部落問題解決過程の研究全5巻完結『部落問題解決過程の研究』 全5巻完結

第1巻~第4巻 A5判・平均430頁 定価(本体8,000円+税)
第5巻 A5判・660頁 定価(本体12,000円+税)
セット定価(本体44,000円+税)       

 第1巻 歴史篇
 第2巻 教育篇/思想文化篇
 第3巻 現状・理論篇/資料篇Ⅰ
 第4巻 資料篇Ⅱ
 第5巻 年表篇

1巻の購入ページへ
2巻の購入ページへ
3巻の購入ページへ
4巻の購入ページへ
5巻の購入ページへ

全5巻セット購入ページへ


第5巻手引きとして(PDF・「人権と部落問題」5月号より)
「しんぶん赤旗」で紹介されました。
(JPG・147kb) 「京都民報」で紹介されました。(JPG・319kb)

           最新刊
身分的周縁と部落問題の地域史的研究
 
ここまできた
     部落問題の解決

  ―「部落差別解消推進法」は何が問題か―
部落問題研究所編 A5・・164頁 定価(本体1,400円+税)

 部落問題の解決過程の道筋を解明し、「部落差別解消推進法」の問題点を徹底的に明らかにする

部落差別解消推進法」を批判するにあたって、部落問題がどのような道筋で解決されてきたのか、現在部落問題の解決がどこまで進んでいるのかを明らかにすることを重視した。部落問題の解決過程が不可逆的に進行してきた事実の確認こそ、「法律」の問題点を理解する基本的な力となると考えたからである。
                 購入ページへ

専門家として本物の先生になるんだ
専門家として
本物の先生になるんだ』
 
河瀬哲也著
A5・168頁 定価(本体1,200円+税)

 三十数年継承されている教育実践「人間になるんだ」シリーズの著者が、教師パワーの「源」を探り出し、「明日を拓く」実践力の発揮を呼びかけます。専門家として本物の教師になろう育ち合う教育実践を展開しょう


               購入ページへ

市民のための道徳教育    市民のための道徳教育
  
―民主主義を支える道徳の探求―

 越野章史著 A5・237頁 定価(本体2,200円+税)

 2018年度から道徳が教科になるという事態を前にして、これまでの学校道徳教育を批判しながら、子どもたちが将来の主権者として生きていくためには、どのような道徳を育む必要があるのかに言及した注目の書。

     購入ページへ

近世身分社会の捉え方『近世身分社会の捉え方』
―山川出版社高校日本史
         教科書を通して―

塚田 孝著 A5 100頁
定価(本体952円+税)

江戸時代の身分や社会の捉え方は,かつての「士農工商えた非人」という理解から大転換をとげている。教科書の変化を手がかりに身分と社会を解明する。
   購入ページへ

部落問題解決過程の研究のリーフレットをPDFで見る